レーシック手術の問題点

レーシック手術は、安全性の高い視力回復の方法ですが、人の手による手術であり、確率的には非常に低いといわれていますが、手術によるリスクが伴います。では、どのようなリスクがあるのでしょうか。

「執刀医による手術の精度」、角膜を削る手術を行うため、術後の経過や完治後の状態が執刀医の技量によって左右される。また手術を行った後に、もとに戻すことは出来ません。

「術後の感染症」、角膜を切って手術を行いますが、切った角膜を元に戻す形で処置するため、拒絶反応などの副作用はありませんが、実際に角膜を切ることによって、切り口から細菌などが入り、感染症を起こす危険性があります。感染症のリスクは術後の処置をしっかり行えば、かなりの確率で抑えることはできますが、ゼロになることはありません。

「術後における後遺症」、人によって、症状の出方はいろいろですが、主に出る症状としては、

・ドライアイ
・充血
・なみだ目
・矯正視力の低下
・過矯正や遠視ぎみになる
・低矯正や近視が残る
・異物感

これらの症状を感じたら専門医による処置が必要ですので、すみやかに専門医で受診しましょう。

その他、成長期などの近視が進行する可能性がある年齢においては、手術を受けることができないことや、レーシックをしても老眼による視力低下は避けることができません。

また、レーシック手術は、全員が受けられるものではなく、適応検査にパスした人のみが可能なのです。事前の検査、カウンセリング、術後のケアがよく整った医院での施術をお勧めします。