ウェーブフロントレーシック

現在、視力回復、矯正のために、メガネやコンタクトレンズを使わずに、レーシック手術を希望する人が増加する傾向にあります。

視力矯正手術のレーシックにはいくつかの種類があり、それぞれ特徴や医師に必要な技術も変わってきますので、よく専門医に相談することが必要です。

種類としては、ケラトーム(普通のレーシック手術)、ウェーブフロント、イントラレーシック、 ラセック、エピレーシック、 フェイキックIOL、 PRK 、フレックスPRK、 放射状角膜切開術(PK) などがあります。

このうち、ウェーブフロントは手術前の検査に特徴があります。ウェーブフロントアナライザーという解析装置を使った方法で、データを測定したり分析するのです。

ウェーブフロントレーシックでは、遠視・近視や乱視などについて総合的に角膜形状解析を行い、そのデータをもとにして、ウェーブフロントアナライザというガイド役の案内のもとレーシック手術が行われます。

手術内容は、検査以外は通常のレーシックやイントラレーシックの場合と同様です。

単純な角膜の形成による視力矯正だけでなく、目の細かな状態をは握して収差を矯正することが特徴で、この収差を矯正することによって、通常のレーシックよりも、さらに見え方がクッキリしますし、乱視の矯正については理論上有利といえます。

ただし、円錐角膜などの角膜形状異常には適応できないなど、全ての症例に有効ではありません。また乱視矯正についてもハードコンタクトレンズには劣ります。さらに、乱視についても、乱視用眼鏡に劣る場合もあります。

このような視力矯正手術については、あらゆる弊害を考え、本当にメリットがあるのか、どうかをよく考慮したうえで、行うべきでしょう。