エピレーシック

最近、視力回復、矯正のためにレーシック手術という方法を希望する人が急増しています。この方法によりますと、メガネやコンタクトレンズが不要となるこから、スポーツ選手の術例が多いようです。

一概にレーシックといっても、いくつかの種類があります。例えばレーシック、 エピレーシック 、イントラレーシック 、ウェーブフロント、ラセック PRK 、 フレックスPRK、 放射状角膜切開術(PK)、フェイキックIOL などがあります。

このうち、エピレーシックは、レーシック(通常のレーシック手術)を変化させたものです。

以前は、角膜の薄い人はレーシック手術を受けることができませんでしたが、これを解決したのがエピレ-シックです。エピケラトームという機材をを利用することで、剥がすフラップを非常に薄い(約50マイクロメートル)ものにすることで、角膜が薄い人でもレーシック手術をうけることが可能となったものです。

通常のレーシックと異なる点は、フラップはやがて剥がれ落ち、新しい角膜上皮が再生するため、強い眼の衝撃でもフラップがずれることはなく安定していることです。

この手術では、他の表面照射の屈折矯正手術と同様にボーマン膜をレーザーで除去し、そして角膜実質層を削ることで視力を回復するのです。

しかし、この方法は通常のレーシック手術よりも医師の技量が必要とされ、フラップが薄いために、後遺症もでやすい事は確かなようで、また保護用コンタクトも数日間つけなければなりません。

エピレーシックは、適性検査の結果、近視、乱視、の強さに対して角膜が薄いと診断された方やボクシング等眼球に強い衝撃のあるスポーツをされる方に適しているといえます。施術に当たってはメリット、デメリットをよく理解したうえで、慎重にクリニックを選ぶ必要があります。