イントラレーシック

視力の回復や矯正をする方法として、一般的にコンタクトレンズやメガネが使用されていますが、最近は、これらを使用せずに視力矯正手術を受ける人が増えています。

この視力矯正手術には、「レーシック」(正式には「レーザー角膜屈折矯正手術」)という方法がありますが、一言にシークレットといっても、いくつかの種類があります。

普通のシークレット手術として「マイクロケラトーム」があります。特徴としてはマイクロケラトームという機材を使うことで、電動カンナのようなものでフラップ(ふた状のもの)を作成します。手術内容もオーソドックスで、麻酔をかけてからケラトームで保護層を剥がしフラップを作りレーザーで角膜の形ををつくってからフラップを戻すというものです。

その他「イントラレーシック」という方法があり、現在主流となっている手術方法です。

フラップを作るときにマイクロケラトームを使わず、イントラレースFSレーザーを使って保護層を剥がし、フラップを精密に作る方法で、マイクロケラトームにより精巧なフラップを作成することが可能とされています。マイクロケラトームとは作られるフラップの形が異なり手術後に定着しやすく、後遺症の危険性もマイクロケラトームよりも少ないようです。

さらに、マイクロケラトームよりも、フラップを薄くできますので、角膜実質層を削りとれる量が増えますので、強度の近視を矯正することができるのです。

反面、フラップの作成や接着に時間がかかったり、層間角膜炎(DLK)が発生したりするという欠点も指摘されています。

いずれにしても、レーシックを受ける場合は、専門医に相談し、自分自身にもっとも合った方法を選ぶ必要があります。