レーシック手術の流れ

視力回復のためのレーシック手術には、いくつかの種類があり、それによって多少手術の流れは変わってきますが、ここでは一般的な手術の手順を紹介しましょう。

手術時間は非常に短く、片目で約15分から20分程度です。また手術費用は、レーシックの場合、両眼で15000円ほどかかるようです。ただし、片眼ずつにわけて手術した場合には、料金が変わってくることがありますので、よく確認ください。

レーシック手術には、カウンセリング、適応検査、術前検査が重要です。患者の眼の状態をよく診察したうえで視力回復手術が適応かどうかを診断します。残念ながら角膜ヘルペスのある方、重い糖尿病などの内科的疾患がある方などは、手術が不適応となります。

さらに検査医による、精密検査が行われ、レーザーの照射量を決定するために正確な視力検査が行われます。

レーシック手術の流れとしましては、

1:「麻酔」、点眼液で麻酔をし、目の洗浄が行われます。目というところは非常に麻酔のききやすい部位なので、これで痛みを感じることはほとんどありません

2:「フラップを作る」、「マイクロケラトーム」などの専用器具によって、角膜上皮の一部をめくってフラップを作ります。このフラップは術後に再び戻して蓋のようにして治療箇所を保護する役目をします。

3:「角膜の修正」、レーザーを照射するためにフラップをめくり、エキシマレーザーで角膜実層にレーザーを照射して角膜の厚さを調整します。照射時間は数十秒程度です。

4:「フラップを戻し、洗浄」、感染防止のため抗生剤の入った目薬を点眼して患部を洗浄して終了となります。

その後、角膜上皮が自然癒すれば完治ということになります。手術直後から完治するまでの間は、角膜上皮が吸着するためスレることはありませんが、あまり激しい運動は控えた方がよいでしょう。