レーシック手術の日本での認知度

従来から、視力回復や矯正にはメガネやコンタクトレンズが用いられてきましたが、簡単な手術で視力回復や矯正ができ、メガネやコンタクトを必要としないことからシーレック手術を受ける人が多くなっています。
特にスポーツ選手に人気があり、野球選手の松坂大輔選手やゴルファーのタイガー・ウッズ選手が受けたことからも話題になったり、その他、有名人や芸能人がレーシック手術体験者となったり、急激に日本における認知度は高まりつつあります。

このレーシック手術は、視力矯正器具としてのメガネやコンタクトレンズに比べ日本国内での認知度が低く、浸透しているとは、いえない現状です。
国内でレーシック手術が行える診療所や病院は、最近急増しておりますが、その多くは十分な経験を満たない施設であり、また手術費用は自由診療であることから手術費用は病院等によって幅があります。

日本の公的医療保険(健康保険)は、レーシック手術には適用できません。そのため実費の診療となります。
しかし生命保険に加入していいる場合は、保険会社によっては「レーシック手術」が手術給付金の対象となり、支払われるケースが少なくありませんので、一度確認されていかがですか。
生命保険会社へ問い合わせの際は、レーシック手術の正式名称である「レーザー角膜屈折矯正手術」と伝えてください。
最近の保険会社の動向としては、レーシック手術の給付請求が増加傾向にあることから、新規契約については対象から外す動きがあるようです。