レーシック

レーシックとは、エキシマー・レザー(生体組織の熱変性をほとんど起こすことなく正確な切開や切除ができる高度なもの)を使って角膜の中央部を削ることにより、角膜の形状を変えることによって、屈折率を変化させて視力を回復させる方法です。
このレーシックは、メガネやコンタクトレンズに変わる第三の視力矯正方法として注目を浴びている医療技術といえます。

この手術は角膜厚が足りない人や、合併症がある人また近視が進行をつつある若い人や18才未満の人は、適応できない場合がありますので、よく専門医とよく相談することが大切です。

レーシックの利点は、手術のために入院をする必要性がないことでしょう。またメガネやコンタクトレンズが必要なくなることです。
この手術の受ける人のなかで、スポーツ選手が多いのもこのためです。また就業にある程度の裸眼視力が必要な職業を目指す者が就職前に受けているケースがあります。

飛行士の資格はレーシックを受けた者は取得できず、また鉄道会社によっては内規によってレーシックを認めないところもありますので、レーシックを受けることによって、逆に自分が望む進路が断たれることになる場合もありますので、事前の確認が必要でしょう。

また施術に当たっては、生命保険が適用され給付金が出るため手術費用が無料となるケースもあったようですが、近年では生命保険会社の多くは給付の対象から除外されているようです。
手術を受けようとする人は、現在加入している保険でレーシック手術が給付の対象となっているかどうか、あらかじめ確認しておいたほうがいいでしょう。