遠視

何もせずに、ぼんやりしている状態(無調節状態)でも、どこにもピントが合っていない眼、または無限大の距離にあるものを見るときも調節をしなければならない眼の状態のことを遠視といいます。
遠視は眼球が正規よりも小さく、眼軸が短いために起こることから、成長しても遠視のままで固定してしまうと改善することは不可能です。

普通、幼児は遠視であることが多く、からだの成長とともに近視の方へ変化し、多くは正視でとまるものですが、この調節がうまくできない場合は、就学前の幼児や小学校低学年のうちは遠視が多く、学年が進むにつれて近視が増えてくる現象が現れます。

遠視の場合は、遠いところを見るのにも、近いところ見るのにも努力を要し、その疲れは近視以上です。そのため幼いお子さんの場合など、特に飽きっぽくなったりして勉学に支障が及びますから、周囲の配慮と、早めの治療が必要です。

遠視のままですと、たえず人一倍の調節の努力が必要なので、眼が疲れやすく、子供ではむしろ調節のやりすぎで、一見近視のようになったり斜視になったりしますし、年をとると早く老眼が起こります。
軽度のものは眼の疲れとか、根気がないとかで、学校を卒業してから見つかることもありますが、強度のものは、小学校に入るころから視力が悪かったり斜視だったりして見つかります。

見つかったら早くから凸レンズの眼鏡をかけることです。正確な度をきめるには、調節をまったく除いた状態で測定しなければなりませんので、専門医に相談しましょう。