乱視

正常な眼の場合、どの方向からの光も正確に網膜に像を結ぶことができますが、物理的に眼に歪みがありますと、光の入る方向によって、像のできる位置が異なり、ハッキリ物が見えなくなります。単なる凹レンズや凸レンズをもちいても正しい像はできません。このような状態を乱視と呼びます。

乱視の原因は遠視や近視のように生まれつきの素質や、発育過程で出てくることが多いのです。その他角膜の病気や、白内障の手術後、角膜移植後などにも起ることがあります。
症状としては遠近とも見えにくく、ものが二重に見える、目が疲れる、などです。

円柱レンズを一定の方向へ入れた場合に、正しい像ができるようであれは、正乱視でそのような特別な眼鏡を用いれば、はきいり物をみることができます。しかし、正しく眼の屈折状態が補正でいない場合は不正乱視といい、眼鏡でも十分な視力を得られません。ただ中央部が透明のなときは、コンタクトレンズで十分な視力得られる場合が多いのです。一般に視力の悪いとき時は、専門医の検査を受けることをおすすめします。いきなり眼鏡店などで検眼すると、病気を見落としたり、正しい眼鏡がつくれないことになります。

斜視の場合でも、像が二重に見えることがありますが、斜視の場合は片目で見たときは一つに見えるのに対し、乱視の場合は片目で見ても二重に見えることから区別ができます。また乱視が原因で、結果的に弱視になることや、根気がなくなることがあるため、特にお子さんの場合は周囲が気をつけてあげる必要があります。