近視の治療と経過

大多数の近視の人は、メガネやコンタクトレンズを使用すれば、視力の矯正が可能な「単純近視」です。稀に「病的近視」の人もいますが、近視全体の1%程度といわれています。

近視になるのは、勉強のし過ぎや暗い場所での読書が近視の直接的な原因でなく、遺伝的要因が強く関係しているという説が有力です。読書などで近くのものを見る作業が続くと、一時的に近視の状態になる場合があり、これを「仮性近視」あるいは「偽近視」といいますが、これは日本独自の理論で、最近は否定的にとらえられているようです。

以前は、この仮性近視の治療として、調節麻痺薬という薬を点眼し毛様体筋を休ませる方法が行われていましたが、薬の効果が疑問視され、緑内障を誘発する危険もあることから、現在では健康保険の適応外となっています。

近視は遺伝性が強いため、本を近づけて読まない、暗いところで眼を使わない、といった生活習慣を励行しても、近視になる人はなってしまうのです。
また近視の人は近くを見るときは正視の人よりも比較的に楽に見ることができますので、近くを見ることの多い現代社会では、眼が疲れにくいので利点といえるかも知れません。

近視は、小学生から中学生の頃に始まり、成人すると屈折状態の変化はとまり、近視の度の進行もとまりますので、さほど近視が進むことはありません。
これに対し「病的近視」は、幼児期から始まり近視がどんどん進行します。近視の度も非常に強くなりメガネやコンタクトでも視力が0.1~0.2までしか矯正できないことがほとんどです。