近視の手術

近くのものは、よく見えるのに遠くのものはよく見えないというのは大半が近視です。我々の眼はズームレンズのカメラのようにさまざまな距離にあるものに自動的にピントを合わせてハッキリとものをみることができるのです。

一般に視力矯正にはメガネやコンタクトレンズが用いられますが、取り扱いの面倒から最近は視力矯正手術を受ける人が多くなっています。近視の手術治療には、いくつかの方法があり、乱視や遠視の治療にも応用でるものです。その方法をいくつかみてみましょう。

「放射状角膜切開術(RK)」とは、角膜に数本の切開を入れるもので、様々な欠点が指摘されております。その最大のものは打撲による眼球破裂です。切開が切り取り線の役目をして、事故等の打撲で角膜が破れてしまうこと多く、おすすめできません。

「レーザー角膜切除屈折手術(PRK)」とは、特殊なレーザーによって角膜の表面にカンナをかけ、整形して視力を変えるものです。表面を薄く削るだけなので、RKのような眼球の強度低下は僅かですみます。強度の近視に用いた場合には、角膜に軽い濁りが生じ、矯正視力低下が起きやすいといわれますが、最近は技術の進歩によってほとんど無くなっているようです。

「レーシック(LASIK)」とは、角膜表面を特殊なメスで薄く弁状にそぎ、露出した角膜深部をレーザーで削った後、弁をかぶせ戻すもので、角膜上皮が弁の部分についていて無事なため、術後の痛みが少ないのが特徴です。この手術はレーザーを照射するだけでなく、かなり複雑な外科操作が必要ですので、熟練した専門医によく相談し、任せるのが安心です。