近視の原因と症状

近くの物は、良く見えるのに遠くのはよく見えないのは、大半が近視です。私たちの目は様々な距離にあるものを自由にピントを合わせて、ハッキリみることができます。これはピントを合わせる調節機能が無意識のうちに働いているからです。

近視の視力回復、矯正にはメガネやコンタクトレンズで可能な単純近視と、まれではありますが病的な原因で近視になる方もいます。これを病的近視といっています。これら単純近視も病的近視も遺伝的な要素が強く関係しているといわれています。

「仮性近視」とは、近くのものを見すぎたときに起こりやすいのですが、初期には調節の努力を取り除く薬(多くは瞳を広げる作用がある)を使うと正常な状態に戻ることがあります。この時期のものを「仮性近視」とよんでいます。しかし実際にこれをやっても次第に近視になっていくことが多いため、最近は否定的にとらえられています。

単純近視は、小学校高学年から中学生などから始まるのに対し、病的近視の場合は、幼児期から始まり、どんどん進行します。近視になり始めのときは、昔からいわれるように、正しい姿勢で物を見るようにするとか、適当に遠くをものを見る機会をつくるとか、全身の健康状態に注意するとかの配慮が必要です。学校や日常生活で0.5前後の視力になり不自由を感じたら、ためらわずメガネを使うことです。

近視の度が進み、度の強いメガネをかけても視力が0.1や、0.2程度までしか回復が望めなくなりますと、眼球がかなり大きくなるので網膜が引き伸ばされ、薄くなっています。そのため、目を打撲するなど、ちょっとした衝撃で網膜に裂傷が生じ、網膜はく離を起こす危険があります。