近視

近くのものは良く見えるのに、遠くはよく見えないのは、大半が近視です。我々の眼は、様々な距離にあるものを自由にピントを合わせて、ハッキリと見ることができます。これはズームレンズのカメラのように見たい所に眼の光学的なピントを合わせる調節機能が無意識のうちに働いているからです。

もう少し詳しくみてみますと、無調節状態(なにもせずにぼんやりしている状態)で無限大の距離にあるものにピントがあっているのが正視ですが、近くのものを見ようとすると無意識のうちに毛様体というところの筋肉が働きレンズが厚くなります。近視の場合はは無調節状態でもピントが無限大よりは近くに合っているので、それより近くを見るには正視の人ようり楽ですが、遠くを見ることはできません。

眼の中のレンズを薄くする方面に働く機能は、われわれの眼にはないのです。近視の人が目を細めて物えお見るのはピンホールカメラのようにレンズなしでもピントが合うような効果を無意識のうちにねらっているわけです。

そこで、近視の場合は、凹レンズのめがねを外へかけることによって、より遠くの無限大にピントを合わせる必要があるわけです。このような近視の目のピントの位置が前へずれる理由はいろいろありますが、もっとも多いのは1:眼球が前後方向へ延びてしまうこと、2:調節をやめてもレンズがもとの厚さまでもどらなくなること、です。

いずれも生まれつきそうなりやすい素質をもっている場合が多いのですが、前者の場合は特に進行の強い悪性の近視に多いようです。