ラセック

視力回復や視力矯正には、眼鏡やコンタクレンズにより行ってなってきましたが、最近はレーシックという視力矯正手術を行う人が増えてきています。タイガー・ウッズ選手など、スポーツ選手の術例が多数報告され、話題を呼んだことが、手術希望者の増加に拍車をかけているようです。

一口にレージックといって、イントラレーシック、エピレーシック、ラセック 、ウェーブフロント、フェイキックIOL、フレックスPRK、放射状角膜切開術(PK) など幾つかの種類があります。

このうち、ラセックという手術は、1999年にイタリアで考案されたもので、他のレーシックとは異なり保護層を切り取らない方法です。フラップが非常に薄いものになるので、角膜の薄い人でも手術を受けることが可能です。

内容としては、麻酔をかけた後に角膜をアルコールにつけた後、柔らかくなった、保護層の上部を剥がして薄い蓋(フラップ)を作成した上で、エキシマーレザーを照射して、視力を回復する屈折矯正手術といわれるものです。これらの手術は、エピレーシック同様に医師の技量が要求され、保護用コンタクトも数日間つける必要があります。

ラセックのメリットとしては、実際に保護層を切り取ることがないので、手術で作ったフラップが、術後時間の経過とともに完全に無くなるということでしょう。そのため激しい運動をする行う人などに適しているといえます。

レーシックの技術は日々進歩しており、これよりも更の安全で、高精度の方法が作り出されているかもしれません。大切なのは自分の状態のあった手術方法を選ぶことで、そのためには安心のできる医師・クリニックを選ぶことが大切です。