老眼鏡

老眼とは、年齢とともに近くの物が見づらくなることをいいます。一般に、視力回復や矯正には、メガネやコンタクトレンズのほか、レーシック手術によりますが、老眼の場合は、老眼鏡で矯正するしか方法がありません。

老眼の症状として、次のようなことが感じられたら、いつまでも若々しさを保つためにも、早めに老眼鏡を生活に取り入れましょう。

・近くの物が見えにくくなった。
・目が疲れやすい。
・本や新聞を読むのが面倒になってきた。
・新聞などを読むとき、遠くに離して見ることがある。

老眼鏡にも用途に合わせていろいろな種類があります。

「遠近両用」タイプは、近くのものだけでなく、遠くのものも見えるように1枚のレンズで両用にしたもので、老眼鏡をかけっぱなしで交換する必要がないので遠近両用の老眼鏡は日常生活にとても便利です。

「中近用」タイプは、近距離、中距離にあるものを見るための老眼鏡で、主に室内で使用します。中近用の老眼鏡では顎を引いて見ると遠くのものも見えますが車の運転に使用することはできません。

「近用ワイド(パソコン用)」タイプは、視界に奥行きを持たせ、例えば、キーボードもモニターも両方とも良く見えるように設計された老眼鏡です。かけたまま歩くには不便でしょう。

「近用単焦点」タイプは、読書など近くの作業に集中する場合に最適です。遠くのものや中距離のものにはピントが合わないので、その都度適用する眼鏡に変更しなければなりません。

この老眼は40才くらいから始まり60才くらいまでは老眼の進行も早く、老眼鏡の度数も何度か変える必要がありますが、70才を超えますと進行も緩やかになり、老眼鏡の度数を変える必要もなくなります。

脱毛サロン選びの決定版!銀座で口コミ評価の高い脱毛サロン
脱毛ブームの火付け役!サロンでの脱毛が普通になったきっかけは銀座で大人気のこのサロンのおかげでした。
xn--xxtu70afuqp0p.com