コンタクトレンズ

視力回復の方法は、さまざまな最新の治療法が開発されている現在においても、やはりコンタクトレンズやメガネが主流であることに変わりはありません。
コンタクトレンズには、ハードコンタクトレンズとソフトコンタクレンズの2種類があります。
ハードコンタクトレンズは、いままで一般に広く使用されているものです。従来のハードレンズは、酸素を通さなかったり、不十分だったことから、酸素不足による角膜障害が起きていましたが、最近ではこれらも改善されています。
ソフトコンタクトレンズは近年開発された新しいレンズでやわらかく水分を含んでいます。このレンズの場合も、稀ではありますが感染症が起き、それが角膜障害をもたらしたという事例もありますが、現在は改良が進み安心して装着できるようになっています。

コンタクトレンズは、黒目(角膜)の湾曲した表面に、お椀をかぶせるようにのり、眼の表面を潤している涙の中に浮かんだ常態になっています。従って涙の分泌が少ない人にはコンタクトレンズをしようすることは適切ではありません。
ソフトコンタクトレンズは装着感がよいという利点がありますが、細菌やカビがレンズの中に入りやすい性質がありますので、毎日煮沸消毒する必要があります。

ほこりの多いときには、レンズと黒目の間にほころが入り、黒目の表面を傷つけ、痛むことがありますので、そのようなときには、レンズを外し治療を受けることが大切です。また長い間、同じレンズを使用していますと、レンズの表面に細かいキズができ、黒目を傷害することがありますので、年の1~2回は定期的に眼科医の診察を受けるようにしてください。

コンタクトレンズのアイシティ
コンタクトレンズ専門店「コンタクトレンズのアイシティ」公式サイト。HOYAが運営するアイシティは、商品情報、店舗情報、格安クーポンなどコンタクトレンズ情報が満載のサイトです。