超音波治療と人工水晶体

現在の眼科治療は、手術、レーザー治療、人工水晶体、角膜移植など日々進歩しています。眼で物を識別することを視力といいますが、視力が低下する理由としてはざまざまな要因がありま。調節異常や屈折異常により、視力が低下した場合は、屈折矯正として、超音波治療や人工水晶体による方法があります。

超音波治療とは、器械が発振する超音波エネルギーを目の深層部の細胞組織にまで刺激を与え、マイクロマッサージすることにより視力を改善しようとするもので、使い方としては毎日交互に片目10分間使用するものです。残念ながらこの方法は、あまり効果は期待できないといわれています。

人工水晶体は、白内障手術の際に水晶体を摘出した場合には無水晶体となり強度の遠視となります。その代わりに挿入されれる水晶体のことをいいます。一般に単焦点のものが使用されているようです。近視の人も自分が持っている水晶体よりも屈折力の弱い人工水晶体をいれれば、近視が軽減することは確かです。
水晶体の働きは、遠くを見るときの屈折調節だけでなく、近くを見るときもピント合わせが出来るものですが、人工水晶体の場合はこの自動調節機能がなくなりますので、実際のところの効果はあまり期待できません。

視力矯正の方法としては、視力回復とまではいかなくても、基本的にメガネやコンタクトレンズであることに変わりはないようです。最近はより性能の優れたコンタクトレンズも開発されており、目の優しいレンズの選択も可能となっています。

仙台で人気の脱毛サロン
ムダ毛がなくなっていく変化が嬉しい!脱毛の楽しさが実感できる仙台の脱毛サロンはここです。
www.xn--cnqx7j1uyhqt.biz