視力回復の治療法

視力の悪い方たちにとって、メガネやコンタクトレンズ、なしでの日常生活はどれほど快適なことでしょう。日常生活や運動時などに不自由を感じている人なら痛感されると思います。

現在における視力回復の治療は日々進歩しており、薬物治療、角膜移植、レーザー治療、超音波治療、人工水晶体、コンタクトレンズ、手術、など選択肢が広がりつつありますが、視力回復はどこまで可能となるのか、また病気はどこまで治せるのか、などの疑問も多く、治療の歴史が浅いことなどから安全な技術が確立されていない部分も多くあります。

最近、視力回復の有効な治療法として注目されているものに「レーシック手術」がありますが、その安全性や有効性をうたう専門眼科医でも、手術に際しては、次のような注意点を挙げています。

特に近視が強い人の場合手術後、暗いところや夜間に見え方がよくない、(夜間に明るい光の周辺に輪状のものがつく<ハロー>)、夜間の証明がまぶしく感じる<グレア>、光が放射状に見れる<スターバスト>、などの症状が生じることがあるといわれています。

レーザー手術が人の眼の治療に応用されるようになってから、約20年も経つものの、術後における全ての合併症を把握することはできていない現状にあります。このように、治療法が進歩しているとはいえ、まだ不確実な段階にあるのです。この点をよく踏まえ、利点と危険性を熟知したうえで、納得のいく視力回復の治療法を選択することが重要です。

全身脱毛 最安値
安く全身脱毛できるサロンが増えてきたけど、最も安いサロンはどこ!?激安全身脱毛専門サロンの値段を比べてみました。