眼科治療の現在

眼科治療は、日々進歩しており、レーザー治療、手術治療、人工水晶体、角膜移植、薬物治療やネガネ、コンタクトレンズによる視力矯正があります。

視力が低下する原因には様々な要因がありますが、屈折異常や調節異常で視力が低下した場合は、屈折矯正を施すことで、視力を回復させることができますが、なんらかの病気でもって視力が低下した場合には、その要因である病原を治さない限り視力回復が難しいのが現状です。眼科治療の中で現在、一番注目されているのが、レーシックです。

レーシックというのは、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射して、角膜の曲率を変えることによって視力を矯正するという新しい技術です。レーシック手術の手順としては、マイクロケラトームという機械を使って角膜の表面を薄く削り取りフラップという蓋のようなものを作ります。次に角膜床につながったフラップをめくり、そこにレーザーを数十秒間、照射し、その後フラップをもとの戻し、フラップが瀬着するのを待ちます。接着するまでの時間は2~3分です。手術に要する時間としては、事前検査から手術、安静時間をふくめ約3時間で帰宅することができます。

レーシック手術により、角膜の中央部が薄くなるため角膜の曲率がさがり、凹レンズを使用したのと同じ効果がでるもので、近視などの視力回復が期待できるのです。またレーザー照射の調整により乱視の矯正も可能となっています。レーシック手術の種類としては、現在主流となっているイントラレーシックをはじめ、ウェーブフロントレーシック、カスタムビュー、などがありますので、施術に当たってはよく専門医に相談の上、自分に合った方法を選択することが大切です。